教育内容
(修到達目標やカリキュラム・ポリシーはこちら

教育理念

 本コース(学部)では、化学および物質工学分野において、生産や研究開発の現場で貢献できる専門能力を持つ人材を養成します。
 大学院では、さらに高度な専門能力を身に付け、リーダー的役割や次世代の研究を担える人材を養成します。

学習・教育目標

 ナノテクノロジー・バイオテクノロジーなどの先端分野に対応するため、低学年で「数学・物理などの工学基礎」や「化学・生物工学・物質工学分野の基礎知識」を修得し、高学年でそれぞれの分野の専門知識と応用力を体系的に修得することを目標とします。

カリキュラムの特徴

《1年次》(時間割の例)
 入学すると,教養教育科目とともに,工学基礎科目(化学,物理,生命科学, 数学など)を中心とした徹底した初年次教育カリキュラムが実施されます。 コースの基盤をなす化学系の専門科目(物理化学,無機化学,有機化学など)も 実施され,専門への興味が深まります。
《2年次》(時間割の例)
 専門科目の比率が増え,「基礎実験」や「化学・物質工学実験」も始まります。 専門の必修科目に加えて,広範囲な化学・物質工学分野を網羅する選択科目が準 備されています。
《3年次》(時間割の例)
 発展的な専門科目の講義が準備されています。より高度で具体的な内容の「化 学・物質工学実験」に加え,実践力を養う様々な「演習」も実施されます。
《4年次》
 研究室に所属して「卒業研究」を行います。卒業研究は,最先端かつ未踏の研 究テーマに取り組むことにより課題探求能力や問題解決能力を磨く場として,最 重要科目に位置づけられています。
 なお、グローバル化した現代社会に対応する英語能力を得るため,「技術英 語」を1年次から4年次まで系統的に履修します。

カリキュラム表

1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q
専門基礎科目 英語   技術英語Ⅰグローバル化された現代社会に対応する英語能力充実のために
技術英語を1年次から4年次まで系統的に履修可能
  技術英語Ⅱグローバル化された現代社会に対応する英語能力充実のために
技術英語を1年次から4年次まで系統的に履修可能
  技術英語Ⅲグローバル化された現代社会に対応する英語能力充実のために
技術英語を1年次から4年次まで系統的に履修可能
技術英語Ⅳグローバル化された現代社会に対応する英語能力充実のために
技術英語を1年次から4年次まで系統的に履修可能
 
数学 微分積分学I
線形代数学Ⅰ
微分積分学Ⅱ工学基礎科目(数学、物理学、化学、生命科学等)を中心とした
徹底した初年次教育カリキュラムを実施
微分積分学Ⅲ工学基礎科目(数学、物理学、化学、生命科学等)を中心とした
徹底した初年次教育カリキュラムを実施
    基礎数学演習A.B      
物理学 基礎物理A工学基礎科目(数学、物理学、化学、生命科学等)を中心とした
徹底した初年次教育カリキュラムを実施
基礎物理C工学基礎科目(数学、物理学、化学、生命科学等)を中心とした
徹底した初年次教育カリキュラムを実施
           
化学 基礎化学工学基礎科目(数学、物理学、化学、生命科学等)を中心とした
徹底した初年次教育カリキュラムを実施
             
生命科学 生命科学工学基礎科目(数学、物理学、化学、生命科学等)を中心とした
徹底した初年次教育カリキュラムを実施
             
実験     基礎実験知的好奇心を促す実験科目を2年生で履修可能          
工学科共通         工学倫理
安全工学
経営管理
産業経済学
情報科学概論
確率・統計
創成プロジェクト
専門科目 基礎科目 固体化学コースの基盤をなす専門科目も低学年から履修可能 物理化学Ⅰ
有機化学Ⅰ
無機化学Ⅰ コースの基盤をなす専門科目も低学年から履修可能
物理化学Ⅱ
有機化学Ⅱ
無機化学Ⅱ
生化学Ⅰ
分析化学Ⅰ
固体物理学Ⅰ
金属組織学Ⅰコースの基盤をなす専門科目も低学年から履修可能
高分子化学
固体物理学Ⅱ
電気化学 コースの基盤をなす専門科目も低学年から履修可能
分析化学Ⅱコースの基盤をなす専門科目も低学年から履修可能      
応用科目     量子化学物性系科目、化学系科目、分子・生命系科目など広範囲な
化学・物質工学分野を網羅する選択科目が 履修可能
反応速度論
有機化学Ⅲ
生化学Ⅱ物性系科目、化学系科目、分子・生命系科目など広範囲な
化学・物質工学分野を網羅する選択科目が 履修可能
金属組織学Ⅱ
有機構造解析学
機器分析学
錯体化学
高分子物性学
生化学Ⅲ
無機材料化学
化学工学Ⅰ
界面化学物性系科目、化学系科目、分子・生命系科目など広範囲な
化学・物質工学分野を網羅する選択科目が 履修可能
金属材料学
有機金属化学
有機化学Ⅳ
応用電気化学
合成化学
蛋白質工学
半導体材料学
化学工学Ⅱ 物性系科目、化学系科目、分子・生命系科目など広範囲な
化学・物質工学分野を網羅する選択科目が 履修可能
遺伝子工学物性系科目、化学系科目、分子・生命系科目など広範囲な
化学・物質工学分野を網羅する選択科目が 履修可能
 
実験・演習科目   実験の安全指針   化学・物質工学実験A専門科目の理解を深めるために
実験や演習も多くの時間を使って実施
化学・物質工学実験B専門科目の理解を深めるために
実験や演習も多くの時間を使って実施
化学・物質工学実験C専門科目の理解を深めるために
実験や演習も多くの時間を使って実施
卒業研究(通年)卒業研究は、各分野における最先端かつ未踏の研究テーマに取り組むことにより
課題探求能力や問題解決能力を磨く最重要科目
  固体化学演習専門科目の理解を深めるために
実験や演習も多くの時間を使って実施
    物理化学演習
固体物理学演習
分析化学演習
金属組織学演習専門科目の理解を深めるために
実験や演習も多くの時間を使って実施
高分子化学演習
無機化学演習
生化学演習
有機化学演習専門科目の理解を深めるために
実験や演習も多くの時間を使って実施
その他         インターンシップ 工場見学 特別講義  

博士前期課程のカリキュラム

1・2年次
前期 後期
1Q 2Q 3Q 4Q
高度基礎科目 数値解析学特論演習 シュミレーション物理学演習
技術者・研究者実践科目 総合工学演習
インターンシップ
知的財産特論
経営管理特論(集中講義)
産業経済学特論(集中講義)
環境・エネルギー・資源特論(集中講義)
コース特化専門科目 化学・物質工学総合演習
化学・物質工学特別演習Ⅰ
高度専門科目 錯体化学特論
生体高分子化学特論
生物有機化学特論
生物機能化学特論
天然物有機化学特論
化学・物質工学特別講義A
化学・物質工学特別講義B
計算量子材料学特論
機能性高分子化学特論
物理有機化学特論
無機構造化学特論
無機反応化学特論
固体物理化学特論
界面・コロイド化学特論
光化学特論
電気化学特論
機能材料化学特論
金属組織学特論
セラミック機能設計学特論
高分子物理学特論
固体表面化学特論
無機材学特論
材料物理学特論

1年次 2年次
前期 後期 前期 後期
1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q
高度基礎科目 数学基礎特論
物理学基礎特論
英語実践教育科目 実践英語A 実践英語B 実践英語C 実践英語D

※色塗りした科目にポインタを重ねるとコメントが表示されます。


教養教育に関する説明はこちら

専門教育に関する説明はこちら

《構成と教育》《修学案内》を御覧ください。