化学・物質工学コース紹介

 現代社会が将来にわたって持続的に発展するためには、人類に有用な新しい物質の創製や高効率で環境負荷の少ない物質・エネルギー変換技術の開発が必須です。これらを実現するためには、物質の性質や機能を原子・分子レベルで合理的に理解し、それらの知見を統合的に活用できる人材を養成する必要があります。

 また、近年のナノテクノロジーやバイオテクノロジーの急速な進展に伴い、様々な先端的・学際的な領域でも活躍できる幅広い知識を身につける必要があります。さらに、グローバル化の流れに柔軟に対応できる力も必要です。

 本コースでは、このような社会的ニーズに対応し、化学、生物工学、材料工学領域での十分な専門知識と国際性を身につけた技術者・研究者を養成します。実際、本コースを卒業した学生は「化学,医薬品,資源・エネルギー,電子・情報」など幅広い分野で活躍しています。